MENU

フィンペシア(フィナステリド)の作用とは?副作用もチェック!


フィンペシアはAGA治療薬であるプロペシアのジェネリック医薬品です。

 

ジェネリック医薬品っていうのは、正規品と同じ成分で出来ていて効果は同じでも、価格がかなり格安で購入できるというものですね。

 

フィンペシアの有効成分はもちろんプロペシアと同じフィナステリドです。

フィナステリドの効果効能

フィナステリドには、抜け毛を阻止する効果があります。ようは薄毛の進行をストップさせる、または遅らせることができるということですね。

 

そもそもなぜ抜け毛が起こるのか?そのメカニズムについて知っておく必要があります。

 

男性ホルモンであるテストステロンと、還元酵素の5αリダクターゼが結びついて、DHTという物質を生成します。このDHTというのが薄毛の原因となる物質であり、成長期の髪の毛を休止期にいれ、髪の毛を育たなくするのです。育たなくなった髪の毛は必然的に抜け落ち、その後生えてくる新生毛も硬くて太い毛になるまえに休止期に入ってしまうため、その部分だけ髪がないように見えるのです。

 

そこでこの治療薬の出番ですね。
フィナステリドには、還元酵素の5αリダクターゼを阻害する働きがあるので、男性ホルモンであるテストステロンがいくら分泌されようとも、薄毛の原因となるDHTと結びつけなくするのです。ということは、結果的にDHTが生成されなくなるので、脱毛を止めることができる、というわけです。

ただし、還元酵素には1型と2型があり、フィナステリドで阻害できるのはこのうち2型だけだと言われています。1型のよってAGAが進行している人の場合には効果は発揮しません。そういう人には、新薬成分であるデュタステリドをおすすめします。デュタステリドは2型だけでなく1型も阻害する働きをしてくれるので、今後商品かが期待されている第二のAGA治療薬を呼ばれています。

フィナステリドの副作用

フィナステリドには素晴らしい作用がある反面、困った副作用もあります。

 

最も代表的なものが精力の減退と言われています。
その他、むくみや動悸、頭痛、など個人差や体質にもより現れる症状は様々です。

 

ただし、精力の減退に関しては、プラセボ効果によるものだという説が有力であり、気持ち的な問題であるとしてそこまで重要視されていません。実験でも証明されているので、このあたりはそこまで心配する必要もないでしょう。

 

フィナステリドを手に入れるには?

個人輸入代行で通販で購入することも可能ですが、
できればはじめての人にはちゃんとAGA専門の病院で処方してもらうことをおすすめします。

 

なぜなら、やはり初めては不安もあるでしょうし、何よりもし症状として何かしらの副作用が出た場合に、すぐに医師に相談できるという安心感があるからです。やはりこれがクリニックに通う一番のメリットでしょう。

 

また、クリニックではどんな薬が効果的なのか?を個別に検査してもらえたり、効果的なサプリメントも調合してもらえるなど、自分にピッタリ合ったメニューを組んでもらえるのもおすすめする理由の一つです。

 

やはり結果的には、コストは多少かかりますが効率よく治療できるので、結局は一番コスパも良くて手っ取り早いんじゃないかなと思います。

 

もちろんある程度治療内容や知識がわかれば、個人輸入に切り替えるのもありです。私も実際にそうしていますので、まずは勇気を出してカウンセリングを受けてみましょう。その一歩はかなり重いと思いますが、その一歩で今後の頭皮が決まると言っても過言ではないでしょう。

 

おすすめの信頼できるAGAクリニックについてはこちらをご覧ください。

 

このページの先頭へ
おすすめの業者