MENU

グロースファクター(成長因子)とは?


新陳代謝を行うことによって肌が生まれ変わるように、髪も毛周期というヘアサイクルによって数年単位で新しい髪になっていきます。
このヘアサイクルを行ってくれている源と言うのはグロースファクター(成長因子)があるからと言っても過言ではないんです。

 

グロースファクター(成長因子)はEGFとも呼ばれます。
簡単に言うと、人が本来持っているヘアサイクルの能力を引き上げているのがグロースファクターと呼ばれる細胞です。

 

ところが、このグロースファクター(成長因子)は20歳を超えると急激に減少してしまします。
年齢を重ねるたびに頭皮が寂しくなるのはこのグロースファクターが減少しているからとも言えます。

 

つまり、グロースファクターというのは若々しい健康的な頭皮を保つ上ではなくてはならない細胞なわけです。

 

老化によって引き起こされるもの
グロースファクター(成長因子)20歳を超えてから減少していくと言いましたが、実際はこれによって頭皮はどのような現象が起きているのでしょう?

 

ヘアサイクルや毛母細胞の働きが低下していくと、新しい髪の毛が育ちにくくなります。また、髪にコシがなくなったり、抜け毛が増えたりして髪のボリュームもなくなってきます。おまけに新生毛が軟毛化してしまうと、新しく髪は生えてきても体毛程度の薄い毛になってしまい、その部分はパッと見ハゲているように見えるわけです。

 

本来、ヘアサイクルにおける髪の毛の成長期は4年〜6年と言われていますが、老化とともにこの周期が短くなり場合によってはすぐに休止期に入ってしまう毛根も出てきます。グロースファクターが減少すると、さらにこの老化に拍車がかかるわけです。

 

そのため、体の内部で作られないグロースファクターは、外から取り入れる必要があります。育毛剤やスカルプエッセンスはもちろんですが、一番効果的なのはやはりサプリメントでしょう。最近ではかなり効果的に栄養素を摂取できる育毛サプリも多くあるので、よかったらこちらも参考してみてください。

 

ノコギリヤシ配合!育毛サプリメントの効果とは

このページの先頭へ
おすすめの業者