MENU

薄毛は予防と改善で使う育毛剤を使い分けろ!


育毛剤には、これから薄毛にならないために予防をするための育毛剤と、すでに薄毛になっている状態を改善するための育毛剤があるの、ご存じですか?

 

これはねー意外と知らない人が多くて、だから育毛剤使っても効果が出ない原因にもなるんですよね。

 

基本的には、市場で普通に買える育毛剤のほとんどは予防用です。なので、すでに薄毛が進行しているから「薄毛対策しなきゃ!」ということで市販の育毛剤を使っても、なかなか改善はされませんよね。

 

すでに薄毛が進行している頭皮を改善するには、改善用の育毛剤が必要です。

 

ようは発毛・育毛を促進する育毛剤ですね。
それがフィナステリドやミノキシジルといった医薬品の育毛剤なわけです。

 

フィナステリドやミノキシジルといった医薬品は、医師に処方してもらえば手に入るのでぜひ手に入れてください。AGA治療の特効薬です。

 

もしくは、輸入代行業者を使ってネット通販で購入できます。ただし、初心者の方にはおすすめしません。病院やクリニックに通って、何度も薬を服用したことがありある程度の知識を持った人、何が起きても自己責任で対処出来る人にのみおすすめします。

 

じゃあ予防用の育毛剤なんていらないんじゃないの?

医薬品としてちゃんとした薬があるなら、市販の高い育毛剤なんて要らないんじゃないの?と思う人もいるでしょう。

 

でもそれはまたちょっと違うんですよ。
市販されている化粧品としての育毛剤や、医薬部外品としての育毛剤を使うことがまったく意味がないわけではないんです。

 

ちゃんと有効成分が入っていて、髪にコシを与える成分も入っているので、抜け毛予防には役立ちます。副作用がないので医薬品との併用もできます。むしろ私も使ってますし。

 

でも、それだけでは永遠に現状維持、もしくはちょっとずつ進行してしまいます。

 

なぜなら、根本的なAGA治療にはならないから。

 

根本的に治療するためには、髪が軟毛化するのを防いで、頭皮環境を健康に改善し硬毛を育てる作用のある医薬品が必ず必要です。

 

なので、薄毛がちょっとだけ気になる程度の人なら、予防として市販の育毛剤を使うだけでもまだいいと思いますが、本格的に薄毛改善に取り組むなら、ちゃんと医薬品の育毛剤を使用しないと効果はないわけです。その補助として市販の育毛剤を使うのは効果があっていいと思います。

 

最近ではキャピキシルやピディオキシジルといった副作用のまったくない、ミノキシジルレベルの育毛成分が含まれている育毛剤も多くあります。

 

もちろんミノキシジルと併用することでさらに効果を期待できるので、実際に使ったところ私としても今までの市販育毛剤の概念がちょっと変わりました。

 

正直まったく信用していなかったのですが、あまりにも評判がイイので試してみると、たしかに併用する前より髪がしっかりして抜け毛も少なくなりました。これはちょっと見直しましたね。時代の進化を肌で(頭皮で)感じました。

 

もし気になる方は私が現在使用している育毛セットを紹介しているので、参考までにチェックしてみてください。

このページの先頭へ
おすすめの業者